-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

      2019/ 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
 
Blog Top > 10/02 " 販売時説明義務の緩和ってなんだろう?"  [BACK]
  2010/10/02  CM (7)
 カテゴリ:管理人からおしらせ
 販売時説明義務の緩和ってなんだろう?
 
…こんな動きがあることをまず知ってもらえればと。
前回の動愛法改正(動物の愛護及び管理に関する法律)でペット販売業者が販売時に行うこと決定された「購入者に対する事前説明」について、現在「小動物については多少緩くてもいいんじゃない?」という意見が通ろうとしています。

えっ?
いや、ちょ、ちょっとまってくださいよ!


という声を
その審議の場に届けようという動きが始まってます。

詳細は以下のページより (バナー作成:namacoさん)
hantaiH165165.jpg
販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務事項の緩和の検討)に反対します

Ohno's Page 内/ 管理者:大野さん [動物ライター/愛玩動物飼養管理士]

********************

犬猫は説明時に時間をかけても対価が成立するのかもしれません。でも、ハムスターや他の小さな動物はそこまで説明することを設定された販売価格ではない=だって利潤が得られないじゃん? ということなのかもしれません。

私は「ショップ」というのは「商品を売る」場所だと思ってます。
「対価」ってものでサービスが変わってくるのは「商業」の姿勢の基本ですし。
でも、やっぱりいろいろ譲って考えても、ペットが「命あるもの」たちである以上、無機的なものとなにもかも同列に扱かっても「仕方ない」とは、とても思えないですよ。

ハムスターは値段ほどに飼うのは簡単か?
その動物は単価に比例する軽い気持ちで飼っても問題無い生き物なのか?

それを知ってるアナタの生の声でこの活動をバックアップしてあげてください。

署名ページ:動物愛護法「販売時説明義務の緩和」に反対する署名

続きを少々。

私自身は考えとして、ペットを販売する商売にだけ「命を扱うのだから崇高であれ…」という妙な特別視はありません。

が、
「命あるものを扱う」ということは、様々な方面に対して「影響する可能性」や「使命」を持っているということを忘れてはいけないと思うし、動物の人気の度合いや大きさで説明や扱いをおざなりにすることは「なんか違う」と思います。

飼い方を良く説明されなかったことでペットがちゃんと飼われず不幸になるだけにとどまらず、「こんな動物とは思わなかった」と飼いきれず放逐されてしまう可能性、万が一生き延びてもエキゾチック系の動物は外来生物として駆除せざるを得ない可能性さえはらんでいます。
人間のエゴで日本に連れてこられて、売られて、捨てられ、あげくは駆除される。それはどう考えても誰にとっても辛い結果のはず。

犬猫はもちろんのこと『どんな小さな動物にもきちんと時間をかけて説明をしてほしい』という願いや想い。
それらをこちらのサイト様に便乗して^^; それを審議する場へ届けませう。

上記の主宰のページでは、小動物販売の実態を把握したり、提出文書の論拠として取り上げたいということだと思いますが、アンケートの協力も募ってます。
「犬猫以外の小動物の販売時説明責任の緩和」に関するアンケート
お忙しい中と思いますが、差し支えなければどうか協力してあげてください。

関連記事

[ FC2 blog ]テーマ :ハムスター ー ジャンル :ペット


| COMMENTS (7) |

TAG :おしらせ考えよう動物愛護
[Edit]  

Day before. ≪10/02:販売時説明義務の緩和ってなんだろう? Next day.

[AD]
コメントのRSS

 Comment Entries.

No. 1212:

説明することだけじゃなく、
売る側が説明できるだけの知識とノウハウを持っていることも重要かと。
ただでさえ守られてない現状(間違った種名/品種名/飼育方法で売られている)のに緩和も何もないと思うのです。

Celica | URL |【2010/10/02 19:08】| 編集

No. 1213:

署名してきたよ~
説明が大変ということなら、イラストつきの見やすい説明プリントみたいのを作って渡したらどうなのかな、と思いました。プリントにそって要領よく説明すればそう時間はかからないと思うんだけどなあ。
ちなみに「じゆ」を買った店では、私のハム好きを知ってるので、「すでにご存知なので簡単に省略して説明しますが・・・」と言いつつ、喋りだしたら「今の時期は保温が大事です!」などとあれこれ熱弁してました。けこういいヤツかも。

ごむちょこ | URL |【2010/10/02 23:11】| 編集

No. 1214:

そのくらい手間を省かずやろうよ。

匿名希望S | URL |【2010/10/03 08:59】| 編集

No. 1215:署名しました

極論を言うと、ほとんどの場合無料の
人間の取り扱いに慎重になるのは馬鹿
みたいですが(^^;)

命の売買で安易な金儲けしてるのが問題
ですよね。すべてのペットはブリーダー制、
ペットを飼うのも免許画必要くらいに
してほしい。。

maple | URL |【2010/10/03 13:10】| 編集

No. 1216:返信:From Mika

■Celica さん
>売る側が説明できるだけの知識とノウハウを持っていることも重要
うん、そうだ、その通り。
そう思うと、ショップですべての動物について正しく深い知識を持った人を育成するってのはかなり難しいことだなと思えてきますね。犬猫に関しては、おそらく体系的なノウハウが浸透してるとは思うんですけどね。
そういう意味でペット・ショップという場所ですべての動物についてきちんとした説明となると引き気味になってしまうというのもあるかな、と思ってます。
ほんと、熱くなるだけでは解決にならない難しいことでもあるんだよね。

■ごむちょこ さん
>イラストつきの見やすい説明プリントみたいのを作って渡したら
ってのは、きっとやってるところはあると思います。
やっぱり全員がその動物について詳しいというわけにはいかないでしょうからね。
すべてのショップの店員さんが「じゅ」ちゃんを買った店の人のように熱意を持って仕事に取り組んでくれているといいですね。。

■匿名希望Sさん
それが専門店ってものですし~。

■mapleさん
>すべてのペットはブリーダー制
犬猫に関しては導入している国も多いですね。ハムスターなどの小動物はどうなんだろう。
血統というものを重んじる国ではペットの売り買いはブリーダー制を導入することは抵抗が無いみたいですが、日本は血統にこだわるよりも種類や目新しさに飛びつく傾向があるのが問題なのかもしれませんね。
ブリーダーに関してもレベルを問うぐらいにならないと、それはそれでまた問題あるかなと思いますね、安易にお金儲けに走る日本においては。

Mika | URL |【2010/10/05 01:39】| 編集

No. 1221:

人間さえ売買されてることを考えると、数や命の大小の問題じゃない様にも。
ただ、諦めてしまってはもともこもないので、どういうところからであれ、発信していくのは大事なことだろうと思います。
その一歩を踏み出せる方々には、心から敬意を表したい。
少なくとも「命」を「取り扱う」のが「人間」であるなら、
まず、「人間」を取り扱う人達に「人間とその取り説」(それに伴う責任に付いても)レクチャーするところから修正する必要がある様にも。
(誰にそんな事が出来るのか、そんな方法があるのかさえ見えて来ませんが)
人間自身が、自分(他人)のそれを放棄をしてる現状だって、まともなことでは無い訳で...
その根っこまで辿り着けたら、何か見つかるのかも...の期待も込めて。
(つい熱くなっちゃって...、ピンぼけ著しかったら削除して下さい。)(^^;;

たまちゃん | URL |【2010/10/06 03:39】| 編集

No. 1223:コメントありがとうです。

■たまちゃん
まぁ、とりあえずは今見えていることで、出来ることからやるのがいろいろなコトの一番の近道なんではないでしょうかね。

Mika | URL |【2010/10/07 00:18】| 編集

Comment Format.









▼※必須:パスワードの設定がないとコメント編集出来ません。

  ※確認ページにて画像入力認証があります。

 管理者だけにあてる『非公開コメント』は利用できません。
 メッセージ等はメールフォームを利用下さい。

来た道を1ページ戻る


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.


検索フォーム