-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

      2019/ 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
 
Blog Top > 09/29 " [おしらせ]ハムスターの飼育書"  [BACK]
  2006/09/29  CM (2)
 カテゴリ:管理人からおしらせ
 [おしらせ]ハムスターの飼育書
 
060929え?しゃしんのせるの?

本分とは関係のない親バカ(^-^;)。
**************************************
今年の12月に誠文堂新光社より、ハムスターの飼育書
『小動物ビギナーズガイド ハムスター』
(著:大野瑞絵さん)が刊行されます。

その制作のためにハムスターを飼っている皆様に
アンケートの御協力をお願いしてます。
詳しくはこちらのページ参照 (締めきり:10/10) 
TOP:『Ohno's Page』
皆様のハムスターの写真も同時に募集しています。
アナタのうちの子が飼育書に載るかも?
(応募締めきりは10/20、急げ!(笑)) 

人とハムスターの幸せな関係のために
ぜひぜひ多くの皆様の御協力を。
********************************************
・・・・HPのトップにも『でかっ』と入れておきました。
(が、誤解なきよう、ワタシはこの本の制作とは何の関わりもありません。すいません(^-^;)。)

ハムスターの飼育書がなんだかひさびさに出ますー。
12月ってばもういくらもない(^-^;)...著作者さんはきっと大変な今日この頃でしょう。

ここ数年でハムスターの熱は『アナフィラキシー・ショック』にとどめをさされてしまったような状況で(^-^;)。熱し易く冷めやすい、おもちゃに飽きるみたいに価値観が簡単に変わる(自分もそういう)日本人だけれど。
それでも新たにハムスターを飼いはじめる人がいます。
そういう人を何度か見て来て、飼育書の必要性を感じ捲りでした。
古い情報ではなく、「今」の、ね。
そんな中で「今」ハムスターの飼育書を刊行するということに、ワタシは拍手を送りたい気持ちですよ、マジマジ(^-^;)。
これが良く出れば、同社から出ているもっと専門的な飼育書シリーズである「ザ・ハムスター」も出るかも知れない(不明、だけど淡い希望)。

つう感じで(いや,もっとまじめに)著作者さんよりお知らせがきまして、「皆様にもブログからアンケートページにリンクしてもらったら、もっと情報が集まり嬉しい」ということでしたので、よろしければお願いしますm(。。)m

ともあれ、アンケートにぜひ協力してあげてくださいませ。
あげてください、なんて変かな(^-^;)。ま、いっか(笑)。
ハムスターの飼育はちょっとずつ日進月歩の世界ですから、今現在、またはちょい過去にハムスターと接したアナタのリアルさが必要だと思います。

写真、応募しちゃおー(笑)。

関連記事

| COMMENTS (2) |

TAG :ハムスターロボロフスキーおしらせ写真ポックル
[Edit]  

Day before. ≪09/29:[おしらせ]ハムスターの飼育書 Next day.

[AD]
コメントのRSS

 Comment Entries.

No. 164:

現在家にハムがいないのがさびしいです(涙)
Mikaさん、いいなー。

ちいちゃくても立派ななかま。現在の飼い主さんたちには、ハムの病気にも適切に対処して欲しいですね。

maple | URL |【2006/09/29 23:52】| 編集

No. 165:

ちょい勘違いしてて、同社の「ザ」のシリーズだと思い込んで書いていた部分があり、多少内容を訂正しました(^-^;)。忙しくて眠ネムの頭とはいえ確認不足、すいません(^-^;)。

□mapleさん
なんていうか、ヘンなタイミングでポックルが来てくれて、らっきーです(笑)。

ひところブームだったころは、飼育する人も結構熱くて(笑)、正しい飼育とは?とみんな神経質なまでに模索してましたよね。
ウサギと違い飼育の歴史なんてほんとうに浅くて情報が少なくて、それまでは実験動物としての飼い方ぐらいしかお手本になりそうなものがなかったし、皆必死でした。そのために裏もとらないうちに突っ走る向きもありました。中途半端なままブームが終わり、大事な情報がどこかに隠れてしまい、今はビギナーが飼うにはちょっと危険な状況だなって感じてます。ロボ・ビギナーの自分も含め(^-^;)
とくにネットが普及しきったので、HPから中途半端な情報を得てしまうことが多い気がします。
なんて、ちょこっと熱くなって語ったりして(^-^;)。
ホント、生き物は「必ず病気をする」と心に留めていてほしいですね。ハムスターも生き物ですし。

Mika@ぶろがぁ | URL |【2006/09/30 01:56】| 編集

Comment Format.









▼※必須:パスワードの設定がないとコメント編集出来ません。

  ※確認ページにて画像入力認証があります。

 管理者だけにあてる『非公開コメント』は利用できません。
 メッセージ等はメールフォームを利用下さい。

来た道を1ページ戻る


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.


検索フォーム