-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

 
Blog Top > " 2009年04月"  [BACK]
  --/--/--  CM (-)
 カテゴリ:スポンサー広告
 スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※今回はコメント欄無しです※
[Edit]  

  2009/04/18  CM (13)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 [お仕事]ザ・ネズミ
 
お仕事紹介
日本においては、天明7年の「珍玩鼠育草(ちんがんそだてぐさ)」以来、じつに227年ぶり(!)の「ねずみの飼育書」だそうで。


ザ・ネズミ―マウス・ラット・スナネズミ (ペット・ガイド・シリーズ)

ザ・ネズミ―マウス・ラット・スナネズミ (ペット・ガイド・シリーズ)

出版社: 誠文堂新光社 (2009/04)

【後日追記】ギャラリーに本書掲載イラストを一部展示してます→こちら(別窓)

この本の2章のイラスト
「日本と世界のネズミたち」の
P39 ヒメネズミ
P40 カヤネズミ
P41 ニホンヤマネ ハタネズミ
P42 ウスイロアレチネズミ
P43 シマクサマウス
P44 ドブネズミ クマネズミ
の8種類のみ担当。(ほかのページは全部他の方ですよ)
前のハムスター本「かわいい!たのしい!ハムスターの育て方」とはまったく芸風の違うリアルイラスト。
数は少ないですが、すべてのネズミを
動物園通いのスケッチと記憶、
資料を見ながらデッサンから立ち上げました。
写真のトレス一切無しの無添加イラストです。

"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ 

スポンサーサイト
関連記事

| COMMENTS (13) |

TAG :ねずみ書籍イラストレーター仕事
[Edit]  

  2009/04/15  CM (5)
 カテゴリ:[写真,動画]ハムスターほか
 [推察]ロボが複数一緒に飼えるのは
 
タイトル長いですけどね(^-^;)。
昨日(4/13)の記事の最後に書いた「ロボが複数で飼えるのはどうしてかねぇ?」っていうことについて。

ま、その前に
まず先日の友人宅のロボS&Rのおふたりの動画でも。
(出し惜しみ(^-^;))
090406_roboStaku_02画像クリックで動画OPEN
短気なので
なにかと小競合い。
すぐロボ張り手(笑)で
叩き合います。

短気な分、すぐ終わってしまうんで大喧嘩にはならない
ハムスター脳(^-^;)。
競り合いはしますが、相手に怪我をさせるまでのことはないそうで。
怪我させるほど嫌ではないという
「手加減」がこの生き物にはあるのかな。
++++++++++++++++++++

ロボロフスキーハムスターは、よく何匹かで同居して、シアワセそうに飼われてますね。
「ハムスター=単独飼育」という飼育本の基本が刷り込まれているワタシにはなんだか特殊に見えてました(^-^;)。
うーん。
なんでロボってそうなんだろうね?
とか、うだうだ考えてみた私見

続きは
複数での同居を推奨してるわけではないよ
ってことを前置きで。
資料を参照したりっていう 情報の"裏" はとってないので、ワタシの邪推の範囲で「そういう考え方もあるのねぇ」ぐらいのことで。

続き、タテに長いよおー(^-^;)。


"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ

関連記事

| COMMENTS (5) |

TAG :ロボロフスキー野生動物写真考えよう
[Edit]  

  2009/04/13  CM (3)
 カテゴリ:ハムスター&イカ漫画
 [動画&マンガ] コードネームなやつら。
 
とーとつに ロボが見たいもんで
ポックルを譲り受けた元親さんの家に
次世代を担うロボを見に行きました。
(見に行っただけですよ(^-^;)。お迎えは保留中。
いろいろ考えがあるんで、それは元親さんも承知です)

友人宅のロボロフスキーハムスター、この家ではロボは代々、アルファベッド一文字をつけたコードネームで呼ばれます。

現在の住人はロボ R(アール)&ロボ S(エス)。
コードネームは「ロボ A & B 」から始まってますから...その数、推して知るべし(^-^;)。
ちなみにポックルはうちにくる前は「ロボO(オー)」でした(笑)。
(あ、近親交配ではないですよ(^-^;)、お迎えをくりかえしながらです。)

一皿のヨーグルトをふたりで仲良く分け合いっこ。
090406_roboStaku_01
クリックで別窓動画OPEN。

「仲良く分け合いっこ」というのは脚色。
じつは一匹はすでに自分の分を舐め終わってしまいまだなめ終わってないヒトのところへ無理矢理割り込みしてるところ。


時々小競り合いはしますが、
ぎゅうぎゅうにティッシュの詰まった巣に
ふたりでみっちり詰まって寝てたりしてさー...。
見てる方が恥ずかしい(*^-^*;)。
...が、なぜか今のところ仔ハムができる様子は
ないそうで。
プラトニックってやつか(^-^;)?

飼い主さんのもとへやってきて3ヶ月強、
約生後4ヶ月。
ふたりは最初からうまいぐあいに同居していたわけではなく、やってきた当初繁殖目的で一緒にしていたときは、だんだん二匹の体重差が顕著に。(ロボR は子供でお迎えした時より体重が減った)
そこでストレスを考慮して別居させて、体格差などある程度問題なくなってからもう一度慎重にお見合いから始めた...という経緯。

ロボだからいつでも手放しで「同居しても大丈夫」とか
無条件で仲良いってワケじゃないんですよねん。

簡単に一緒に飼ってるようですが、
じつは回し車も餌入れも各々一個づつあり、ゴハンタイムには「いっせーのせ!」で同時に餌入れをいれるんだそうで。
どちらもちゃんと必要なだけ食べられるようにしないとね。
なにか問題があればすぐに別居できる準備もしているようです。

・・・・・・・・・・・・・

その ロボR(アール)& ロボS(エス)のふたりは
人間の手がケージに侵入して来ると、先を競って手のひらを確認にきます。
「おやつがあるのではないか??」と(^-^;)。
なにせ相手より先におやつを拾わないと、じぶんがありつけないと知ってる。

おやつが無くても「手の上においしいものがあるにちがいない」と刷り込まれているので、その時、お互いの競争心は愛を軽々と超越します

090413_01
何もないから、おちつけよっ。

まあ 太っ...育ってるので
二匹で乗ろうとしても、一匹は手から ぽろっ とこぼれちゃうんですがね。

ロボは臆病だと言われるけれど、
ワタシは臆病なところをほとんど見たことが無いような...(^-^;)。

続きに「ロボが複数で飼えるってのはどーしてかねぇ?」的なことへの私見
書こうと思ったら長い文章になったので、別記事にして後日アップしましょうね(^-^;)。


お好きなカテゴリで。
"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ 
"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ
関連記事

| COMMENTS (3) |

TAG :ロボロフスキー動画まんが
[Edit]  

  2009/04/10  CM (3)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 [お知らせ]FC2ブログにいきなり広告が。
 
FC2ブログを使ってる人への記事になっちゃいますんで恐縮です(^-^;)。

FC2ブログを使ってるヒト。
9日ぐらいから、いきなりこんな広告が表示されて焦ってません?
▼記事の下の方
090410
ワタシは、事前にFC2インフォメーションをちらっと見ていたので知ってましたが、ほんとにいきなり「デカっ」と表示されていて驚きました(^-^;)。

時々巡回してる「ホームページを作る人のネタ帳」さんの記事 のところでこの話題があり、もしかしてこの界隈でも「ナニこれ?!」と焦ってる人がいるかもしれないと思って。

「ブログの高速表示システム導入にあたってお金がかかるんで、利用する人は広告料で協力してくださいね」という意味らしいです(^-^;)。
詳細は FC2総合インフォメーションブログ
アカマイの高速コンテンツ配信システム導入と広告表示について

表示・非表示の設定はできます。
ブログ管理画面にログインして
『環境設定>ブログの設定>アカマイの設定』
ここで『高速表示設定(アカマイ利用設定)』を『表示しない』にしておけば広告は出ない。
高速表示万歳!な人は、もちろんそのまま『表示する』で。

表示はいらないブログパーツなどをとってスッキリしちゃえば、そんなに時間がかからないような気がしますケドも(^-^;)。
関連記事

| COMMENTS (3) |

TAG :おしらせ日常
[Edit]  

  2009/04/03  CM (2)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 [書籍]動物の薬の本
 
今日はブログ復活の慣らしがてら(?)書籍のレビューでも。
※またタテに長い文章ですが、もう「Mイカ」の性分だと思ってあきらめてください(^-^;)。

もっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
もっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
他にも動物の薬の本はありましたが、アマゾンの紹介ページにある「なか見検索」を見て、濃さがツボで(笑)購入を決めました。
本自体は厚め(3.5cm程度)ですが、安めの紙を使っているようですので軽いです(いや、良い意味で。軽くて読みやすいからGoodです)。
若干の知識はあるほうが良いと思えますが、決して難しい本ではありません。
いわゆる「飼育本」から中途半端な病気の知識を拾うよりは絶対良いと思えます。

++++++++++++++++++++++++
以前から、動物病院でいただいた薬は名前を聞いてメモすることにしている自分ですが、その動物薬について体系的にまとめられている本があればいいなぁ、と思っていました。
もちろん獣医薬はほとんどが獣医師の処方が無くては手に入れられない医薬品なので、疑問があればその場で獣医さんも十分に答えてくれます。

が、飼い主の方がわりとダメダメなこともあります(^-^;)。

自分のペットが心配でパニックになっていることもある。うっかり聞きたいことを聞くのを忘れてしまったり、もっとつっこんで聞きたいけれど「忙しいかも?」とか「あまりつっこんだことは分相応でなくて失礼なのかも?」とか、つい遠慮してしまったりね。

そんな時、過去にワタシはお薬については、薬のサイトなどで補助的に理解してきました。
 おくすり110番 = http://www.jah.ne.jp/~kako/
 農林省「動物医薬品検査所」の HP = http://www.maff.go.jp/nval/
でも
薬のデータベースだけではなく、獣医さんの書いた「動物のくすり」に特化している情報があればなぁ、と思ってました。

関連記事

| COMMENTS (2) |

TAG :書籍ハムスターその他の動物闘病動物病院日常
[Edit]  


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。