-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

      2007/ 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
 
Blog Top > " 2007年02月"  [BACK]
  --/--/--  CM (-)
 カテゴリ:スポンサー広告
 スポンサーサイト
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※今回はコメント欄無しです※
[Edit]  

  2007/02/25  CM (6)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 「ぶう」というプレのお話
 
イラストグッズの紹介連打も、ちょいと一息入れて(^^;)
本の紹介。
ここへ集うコアな動物好きさんは御存じだとは思うのですが...。
****************************
ぶう
ぶう
著:伊勢 英子 出版社: 中央公論新社 (2000/11)
ISBN-13: 978-4122037441 ASIN: 4122037441 (文庫本)
****************************
どっちかというとグレイのしっぽのほうが、この方の著書としては有名かもしれませんね。
著者の伊勢 さんが共に過ごした「ぶう」というプレーリードッグの話です。
この著者さん本人が芸術畑の方でもあるのですが、あまりに秀逸な著者本人のイラストのタッチは、たぶん絵を志す人なら「手に入れたい」と思ってるはずの線、それが惜し気もなく自在に使われてます。デッサンがしっかり出来てる人で無いとここまではとても...。
それだけでもワタシには必見ものなんですが、内容がまたいいんです。
ぶうの最後の様子は、寂しくて悲しくて、でも、どこか「ぶう」らしくてのほほんとしてて。
不思議な動物を飼って、見て感じたままを素直に絵日記風にしたものが、そのかわいらしくて素敵なイラストとともに伝わってきます。本当に心の中にちょろちょろと「ぶう」は入ってきます。
ワタシにとってはいつも心の何処かにある、憧れや羨望や尊敬が複雑にいりまじった一冊です。
文庫本で、もう廃刊になってるんでしょうか<詳細はわからずですが。
探してみたらユーズドが主流でアマゾンにありました。
機会があったらどっかで紹介したいと思ってたんですが、なかなか難しくなってきてるかなぁ。
うちにも一冊あるのですが、うっかり雨にさらしてしまい、しわしわになってしまったので、人に貸すこともできないし(^^;)

もしまだ見たことの無い方、
どこかで見かけることがあったらちょっと手にしてみてくださいね。
スポンサーサイト
関連記事

| COMMENTS (6) |

TAG :
[Edit]  


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。