-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

      2019/ 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
 
Blog Top > " 野生動物"  [BACK]
  2009/12/30  CM (2)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 寅年の年賀状にまだお悩みの方
 
そりゃ、ワタシのことですがね!

と、お嘆きのアナタ(つか、自分だよ)。

たとえばこちらでダウンロードさせてもらうのもいいかと。
トラの年賀状&壁紙
けっこうカッコイイ年賀状で、もちろん無料です。
「年賀状を送ることで広くトラについて知ってもらい、それが彼らを救うサポートに」というのが主旨のWWFジャパンの特設ページ内です。
http://www.trafficj.org/tiger2010/
特集サイト:絶滅の危機にあるトラを救う
|TRAFFIC EAST ASIA-JAPAN


友人から教えていただいたページでありますが(Thanks.PONさま)。

トラは森林に棲む生き物なので、昨今の温暖化による地球規模の乾燥による火事や森林壊滅に影響をモロに受けていると思います。密猟などもあり、その数は激減。この広い地球に
トラは現在4000頭ほど
(http://www.trafficj.org/tiger2010/support/ より)
って...。
想像を絶する少なさに、驚かされました。

せっかくの干支ですから、この年賀状でちょこっとトラについて皆で考えてみるきっかけになれば、気持ちの良い新年になるかもしれませんよ。



あ、ワタシは腐っても絵描き(らしい)ので自作予定ではいますが。
あああ、大丈夫なのか、ワタシ。まだ真っ白なハガキが目の前に。。
残すところ今年もあと1日...が、がんばります(^-^;)。

今年一年、本当にお世話になりました。
ブログはいろんな人にきさくに絵を見てもらえる大切な場所でもあります、来年もどうぞ懲りずにおつきあいくださいね。
ピックルも元気です、ちょっとあわただしいので、
また年明けにでもご挨拶させましょう。

ではでは、良いお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト



関連記事

| COMMENTS (2) |

TAG :野生動物考えようその他の動物日常
[Edit]  

  2009/10/29  CM (-)
 カテゴリ:管理人からおしらせ
 もうすこしまっててね。
 
091028_ueno_s.jpg

更新してないと、広告でちゃうからなー、FC2。

ちょっと更新をお休みしててごめんなさい(^-^;)。
いろいろな準備をしている最中でして、いろんなネタも溜まってますが、少し整理整頓しながらやってます。
本館のほうをリフォーム中でして、ギャラリー要素が濃くなります。
全面的に印象が変わると思いますので、ちょっとビックリかも(^-^;)。
マンガのほうもそろそろ始められそうですんで、もうちょっとまっててくださいませ。

イラストは上野動物園のケープペンギンのクロッキー。
秋晴れの陽射しの中で
みんなして「ぼぇぇー」っとしておりました(^-^;)。

091028_162.JPG

午後3時過ぎぐらいなのに、もう夕暮れが近い感じ。
秋ですねぇ...。
091028_162.JPG (C)Mika


関連記事

※今回はコメント欄無しです※
[Edit]  

  2009/05/17  CM (10)
 カテゴリ:[写真,動画]動物&ねずみ
 [見聞録]悪魔のヒキガエル
 
ところで、普段ねずみばかり見ているワタクシ。

一番最寄りで年間パスポートも持ってる上野動物園なんですが。
小獣館のそばにあっても普段はほとんど寄らない両生爬虫類館
今回特設展「マダガスカル──ゴンドワナの落としもの」というのがやっててちょこっと見てきました。

写真があまりないので、両生爬虫類館概要は外部リンクにおまかせ。
▼東京都 恩賜上野動物園 両生爬虫類館について
 概要をわかりやすく紹介しているページ
http://web-aquarium.net/aquarium/aq_097.html

(リンク先:上野動物園の水族館情報|水族館ガイド/東京の水族館 内)

生い茂る熱帯植物園風の植物たち
水槽越しに見るすごいでっかいワニとか
(3メートルぐらいあるように見えたけど...)
エアーポンプに脇腹を当て
バイブラバス状態で癒されている
オオサンショウウオ
とか
(2メートルぐらいあるように見えたけど...)
090516_01_2cr.jpg






にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ


両生爬虫類館は
そこはかとなく健康ランドな雰囲気を味わえる空間でございました。


続きは、特設展「マダガスカル──ゴンドワナの落としもの」で拾った
想像するとオトロシイ悪魔のヒキガエルの話。
関連記事

| COMMENTS (10) |

TAG :野生動物イラスト見聞録日常動物園イカまんが
[Edit]  

  2009/05/15  CM (7)
 カテゴリ:[写真,動画]動物&ねずみ
 [スケッチ&動画]上野へ行ってみた
 
ちょっと仕事も切れ
というか
なんだか地下でくすぶっている状態で湧き出てこないので(^-^;)
上野動物園へいってきました。

シマクサマウスは湧き出てましたよ。


090514_shimakusa.jpg
「押すな押すな。」

ザ・ネズミ
のワタシのイラストと比べてはいけません。
いけませんってばっ。

先月産まれたと思われる子たちがやんちゃざかり。
上に乗っかってるのはおとうちゃん(か、おかあちゃん)。
相変わらず子供たちを守ろうと懸命な、ちょっと過剰な愛(^-^;)。

カヤネズミのスケッチとか。

090514_sk.jpg

カヤネズミはよく動き回ってました。おかげさまで、うまく動きをとらえられませんよぅ。

にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ



ちょっと光量の足りない動画を続きに。
パンダマウスの仔は生まれたて
のようです。
映像がすごく悪いんだけど、せっかくいたから(^-^;)。
関連記事

| COMMENTS (7) |

TAG :野生動物動物園スケッチ見聞録ねずみ
[Edit]  

  2009/05/13  CM (2)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 [見聞録] 動物画の奇才・薮内正幸
 
動物の絵を描く者が見ても
あり得ないほどの正確さとかわいらしさを描き出す「奇才」だと思う。
ホント、その観察力と画力...あり得んっ!(^-^;)。

090510_03_entrance01.jpg

動物画の奇才・薮内正幸の世界展
2009年4月4日(土)~5月24日(日)
吉祥寺美術館

先日の5月7日の記事 井の頭自然文化園のある吉祥寺へ行った本来の目的は、この展覧会でした。

薮内正幸(やぶうちまさゆき)さんのイラストは図鑑や広告や絵本などできっと一度は見たことあるのではないかと思います。
山梨県北杜市白州町に所在する薮内正幸美術館の存在は知っていましたが、常々行きたいと思いつつなかなか行けずにグズグズしていたら、あきれて向こうから東京へやってきてくれたようです。


薮内正幸さんと言えば。
こんな本を見かけたことないですか?
どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本) 冒険者たち―ガンバと十五ひきの仲間

冒険者たち―ガンバと十五ひきの仲間は、テレビアニメにもなった「ガンバの冒険」の原作ですね。
表紙と中の挿絵を薮内さんが描いてます。

また『サントリー愛鳥キャンペーン』新聞広告(1973~85)やポスターに使われた精巧で正確な広告イラストは、見ればおぼろげに記憶にある方もいるのではないでしょうか。
(サントリー愛鳥キャンペーンhttp://www.suntory.co.jp/eco/birds/

他にも「広辞苑(岩波)」や「世界動物大百科(平凡社)」の挿絵なども描いておられました。

"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ 

関連記事

| COMMENTS (2) |

TAG :野生動物アートイラスト見聞録日常
[Edit]  

  2009/05/07  CM (14)
 カテゴリ:[写真,動画]動物&ねずみ
 [写真&マンガ] 垢抜けないネズミと井の頭
 

「こんばんは、ハタネズミです」

GWはいかがでしたでしょうか、みなさま。
ワタシはいつも通り忙しく、
たびたび更新がとまっちゃってごめんなさいね(^-^;)。

ちと前のハナシで恐縮ですが
忙しかろうことがぼんやり予測できていたGW前の平日
東京都武蔵野市の吉祥寺にある井の頭自然文化園(動物園)
いってまいりました。地図

090506_03USUIRO01.jpg
ウスイロアレチネズミが絶賛子育て中(でした、もう育ってるかも)。

ザ・ネズミ
のワタシのイラストと比べてはいけません。
いけませんってばっ。


ちょうど雨続きの合間の良く晴れてた平日でして。
ようするに、天気がよかったので腰をあげた次第(^-^;)。

昨年の干支の年始からやってる
資料館の中にあるねずみたちの展示は、じつは今も健在。
ここでは現在 ハタネズミ、ウスイロアレチネズミ、ニホンハツカネズミ、カヤネズミ、マウス(白)のねずみが展示されてます。

午後からぽてぽて歩いて出かけ、ちょうど近所に住むねずまーではないイラストレーターの友人も誘い出し動物園で合流。ねずみを堪能。
友人、ねずまーではありませんが動物好きなので写真を撮りまくり。
良く撮れててもったいないので写真をお借りしました。
(ALL写真撮影:E.HARA)<拝借掲載許諾済み Thanks!

アレチの隣の住民はハタネズミ。
090506_02HATA.jpg
かわいい。。

ザ・ネズミ
のワタシのイラストと比べてはいけません。
いけませんってばっ。


そこへ非ねずまー友人の新鮮なヒトコト

090506up_01.jpg

まあ、他のネズミと並べたら確かに...。

090506up_02.jpg


まちねずみジョニーのおはなし (ピーターラビットの絵本 9) あとからあれこれ調べたら
「ピーターラビット」のビアトリクス・ボター作
まちねずみジョニーのおはなし
の中の主人公 「いなかのねずみ」のチミー・ウィリーはハタネズミの一種ではないかと言われているようなので、この絵も的外れではないと信じたい。

http://wiredforbooks.org/kids.htm
こちらのサイトで「まちねずみジョニーのおはなし」英語版「The Tale of Johnny Town-mouse」の中身を見ることができます。



"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ 


関連記事

| COMMENTS (14) |

TAG :写真日常ねずみ野生動物動物園まんが
[Edit]  

  2009/04/15  CM (5)
 カテゴリ:[写真,動画]ハムスターほか
 [推察]ロボが複数一緒に飼えるのは
 
タイトル長いですけどね(^-^;)。
昨日(4/13)の記事の最後に書いた「ロボが複数で飼えるのはどうしてかねぇ?」っていうことについて。

ま、その前に
まず先日の友人宅のロボS&Rのおふたりの動画でも。
(出し惜しみ(^-^;))
090406_roboStaku_02画像クリックで動画OPEN
短気なので
なにかと小競合い。
すぐロボ張り手(笑)で
叩き合います。

短気な分、すぐ終わってしまうんで大喧嘩にはならない
ハムスター脳(^-^;)。
競り合いはしますが、相手に怪我をさせるまでのことはないそうで。
怪我させるほど嫌ではないという
「手加減」がこの生き物にはあるのかな。
++++++++++++++++++++

ロボロフスキーハムスターは、よく何匹かで同居して、シアワセそうに飼われてますね。
「ハムスター=単独飼育」という飼育本の基本が刷り込まれているワタシにはなんだか特殊に見えてました(^-^;)。
うーん。
なんでロボってそうなんだろうね?
とか、うだうだ考えてみた私見

続きは
複数での同居を推奨してるわけではないよ
ってことを前置きで。
資料を参照したりっていう 情報の"裏" はとってないので、ワタシの邪推の範囲で「そういう考え方もあるのねぇ」ぐらいのことで。

続き、タテに長いよおー(^-^;)。


"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ

関連記事

| COMMENTS (5) |

TAG :ロボロフスキー野生動物写真考えよう
[Edit]  

  2008/11/20  CM (0)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 [おしらせ]「いきものつながりアート展」開催
 
お知らせ続きでなんですが、2年前の秋に「会期終了後に教えられてもいけないじゃない(;_;)」とこっそりお叱りをいただいた(笑)あのアート展が帰ってきましたようです。
なので今回は.....といってもすでに今週の土曜日までですが>ダメじゃんね(^-^;)。

  第2回いきものつながりアート展 ~命はめぐる~
 会期:2008/11/13(木)→11/22(土)
 入場時間:10:00から18:00まで
 場所: 東京都品川区大崎(最寄り駅:JR大崎)地図はココ

東京地方、首都圏のローカルなお知らせで、他地域の方にはすみません。
2年前のこのブログの記事( 2006/10/2410/25)では「つながり」を意識した展示の模様をレポさせていただきました。
今回はさらに深く自然のつながりを掘り下げた展示になってるようです。
2年前より展示メンバーも増えて、写真家の中川雄三さんの写真も展示されているようなので、楽しみです。(写真家、中川雄三さんのHP
作家さんたちも多彩な作品、豪華な顔ぶれですよ。
お近くにお寄りの際はぜひぜひ。
作家のおひとり ぬいぐるみ作家の落合けいこさんのブログ「さとやまの暮らし」でも展示の様子が記事にアップされてます。
2年前は会場に作家のおひとりである大田黒摩利さん(画家・イラストレーター)がいらしてて、とても気さくに会の趣旨や経緯や展示のことなど興味深いお話をしてくださいました。大田黒摩利さんのHP
土曜日もやってますので、全体的に自然に包みこまれるようなような、良い展示をぜひ"観る"だけではなく"体感"してきてくださいませ。

ワタシはじつはまだ行ってないのですが(^-^;)イヤ、チョットアワアワでして、残りの三日でどこかで時間をみつけて行こうかと思ってます。

"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ
関連記事

| COMMENTS (0) |

TAG :おしらせアートイラスト野生動物
[Edit]  

  2008/09/14  CM (16)
 カテゴリ:[写真,動画]動物&ねずみ
 シマクサマウス
 
12日の金曜日、スケッチを兼ねて上野動物園へ。
めったにじっくり見ない(^-^;)外国のねずみをみる。

今回メインに見たのはシマクサマウス
shimakusa_baby080912_s.jpg
ママのせなかにあご乗せべいべ。
シマクサマウスにBabyがいるぞ、というあるスジの情報を事前に得たのもあるですが。
かわいいす。。

ここで
スケッチしたり、写真に納めようとしているとある行動をすることに気がつきました。
写真に撮ろうとすると、人間の不審な気配をガラス越しに察して、慌てて駆け寄って両親が子供守ろうとするような行動です。
shimakusa_080912oyako_s.jpg両脇がっちり。

偶然的にそういう風に見える行動か何かはわかないのですが。。
埼玉こどもどうぶつ自然公園のHP内のシマクサマウスの繁殖のページを読んでみると、家族群で飼育されていることがあるようなで、もともと群れを形成するねずみで、父親も子育てをするのかもしれないなぁ...と思いました。

毎度の事ながら編集機能をもってなくて暗いままですが(^-^;)
よろしければシマクサBabyの動画でも。
▼クリックで別窓にて動画OPEN
shimakusa_c.jpg もぐもぐしてますが。
耳デカ

んで、恥さらしにスケッチも載せちゃう(^-^;)。
シマクサマウス_イラスト暗くて文字がヘニャヘニャ。
いやもともと字はヘタなんですが_| ̄|○。
最近酷使しすぎてるのか(つか、ろーがんん?(^-^;))目がかすんじゃっててねー、暗がりでのスケッチは辛いです(笑)
シマクサマウスのいる一階は比較的明るいんですけどね、それでも照度が足りないワタシ(^-^;)。

※上野動物園の『小獣館』は地階のほうは夜行性動物の生態や行動を見せる為に昼間暗くして夜は照明を付けて昼夜逆転させる展示のため、展示時間は暗いんです(^-^;)。

***************************
ねずみつながりの『おまけ情報』。
本日、になってしましましたが、NHKの「ダーウィンが来た!」でニホンヤマネの特集です。
「ヤマネ 逆さま走り!」
9月14日(日)総合テレビ/地上デジタル
夜7時30分~夜7時59分
詳細は以下にて
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/index.html【放映済】
▼【再放送があります】
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program116.html
[総合] 9月16日(火)深夜【17日午前】
2時30分~3時00分
[BS2] 9月20日(土)深夜【21日午前】
3時30分~4時00分

ニホンヤマネはワタシのマブタのネズミなのですー(笑)。
もう、すんごくすんごくかわいいし、いろいろ考えさせられることがいっぱいありますよ。
間に合う方、その時間ヒマな方(^-^;)、ぜひ観てみてね。
***************************

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

| COMMENTS (16) |

TAG :ねずみイラスト野生動物動物園スケッチ
[Edit]  

  2008/03/08  CM (8)
 カテゴリ:[写真,動画]動物&ねずみ
 【ねずみ】オキナワトゲネズミNEWS
 
しばらく間をあけてしまってました(^-^;)。
年度末爆進中でございます。
イラストとかマンガはちょっとまっててね。
ポックルポックル
は相変わらず元気に壁登りしてます(使い回し動画でよければ...)。彼女は毎日がハンで押したように一緒ですのよ、奥様。
飼い主は想像力貧困だからなにかネタ出してくれるとか...そういった思いやりはない(^-^;)。

さて、ニッチなあなたへ今日もニュース(^-^;)。
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/news/2008/20080305.htm
▲絶滅危機種オキナワトゲネズミの捕獲成功!:WWFの活動/WWFジャパン

掲示板のほうに mapleさんが紹介してくださった
ネズミニュース速報でございます。
(ありがとう>mapleさん)
オキナワトゲネズミ(風樹館: 琉球大学資料館 HP内)。

ちょっと聞き慣れない名前だと思いますが、日本の固有在来種で、南西諸島の 奄美大島、徳之島、沖縄島のみに生息する『トゲネズミ』(Tokudaia osimensis)の沖縄島・に生息する種類をいいます。ちなみに上記三島にそれぞれいるトゲネズミは染色体の数が異なることが確認されていて、別種の可能性があるようです。※1
その中のオキナワトゲネズミ(Tokudaia muennink)はワタシもしらなかったのですが沖縄の山原(やんばる)地域のみに生息するのだそうで。
ノネコ(ペットが野生化)マングース(ハブの駆除目的の為に1910年に沖縄に離された)などの餌の対象になり、また地球環境の変化などもあるでしょう、ここ10年ほどはその姿をほとんど見かけなくなっていたようです。
同じWWFジャパン公式ホームページ内の
▼絶滅危機種オキナワトゲネズミの生息調査
 オキナワトゲネズミの詳細がありますので、ぜひ(^^)。
http://www.wwf.or.jp/activity/wildlife/news/2008/20080225.htm トガリネズミ

右はbanner.gifさんより御借りしたトゲネズミのGIF。
(日本の野生動物 のページより御借りしてます。こちらにはかわいいGIFアニメがたくさんあります。ハムスターもクマネズミもあります(笑)、おすすめですよ!)
こんなふうにジャンプしてハブの攻撃をかわしたり、背中のトゲをつきたてて天敵から身を守ると言われてます。生態系に合わせた独自の進化。

オキナワトゲネズミは環境省の定める2008年版 哺乳類レッドリスト(レッドデータブック)にも絶滅危惧IA類※2 と記載のある大変に希少なネズミさんです。

個体数が少なく30年ぶりに捕獲し確認できたことは、今後の保護に役に立つことになると同時に、まだ生存していることが保護をすすめる人々に力を与えると思います。
もちろん捕獲したあとは、また元の地域に放されたそうです(^^)。

※1参考文献-フィールドベスト図鑑「日本の哺乳類」Gakken
※2絶滅危惧IA類 Critically Endangered (CR)-ごく近い将来に野生絶滅の危険性が極めて高い

こんどはハムスタネタ、いくですよ、たぶん。
たぶんかよ。
関連記事

| COMMENTS (8) |

TAG :ねずみ野生動物
[Edit]  


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.

検索フォーム