-The tales of hamster & illustration & me. - 

ロボロフスキーハムスターとしがない生活イラストレーター
どうでもいいよな日常と渾身の脱力マンガ。
はむすたぁイラスト処 HammyTouch の絵描きの日常ブログ。

      2019/ 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
 
Blog Top > " 考えよう"  [BACK]
  2010/10/02  CM (7)
 カテゴリ:管理人からおしらせ
 販売時説明義務の緩和ってなんだろう?
 
…こんな動きがあることをまず知ってもらえればと。
前回の動愛法改正(動物の愛護及び管理に関する法律)でペット販売業者が販売時に行うこと決定された「購入者に対する事前説明」について、現在「小動物については多少緩くてもいいんじゃない?」という意見が通ろうとしています。

えっ?
いや、ちょ、ちょっとまってくださいよ!


という声を
その審議の場に届けようという動きが始まってます。

詳細は以下のページより (バナー作成:namacoさん)
hantaiH165165.jpg
販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務事項の緩和の検討)に反対します

Ohno's Page 内/ 管理者:大野さん [動物ライター/愛玩動物飼養管理士]

********************

犬猫は説明時に時間をかけても対価が成立するのかもしれません。でも、ハムスターや他の小さな動物はそこまで説明することを設定された販売価格ではない=だって利潤が得られないじゃん? ということなのかもしれません。

私は「ショップ」というのは「商品を売る」場所だと思ってます。
「対価」ってものでサービスが変わってくるのは「商業」の姿勢の基本ですし。
でも、やっぱりいろいろ譲って考えても、ペットが「命あるもの」たちである以上、無機的なものとなにもかも同列に扱かっても「仕方ない」とは、とても思えないですよ。

ハムスターは値段ほどに飼うのは簡単か?
その動物は単価に比例する軽い気持ちで飼っても問題無い生き物なのか?

それを知ってるアナタの生の声でこの活動をバックアップしてあげてください。

署名ページ:動物愛護法「販売時説明義務の緩和」に反対する署名

続きを少々。
スポンサーサイト




関連記事

| COMMENTS (7) |

TAG :おしらせ考えよう動物愛護
[Edit]  

  2009/12/30  CM (2)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 寅年の年賀状にまだお悩みの方
 
そりゃ、ワタシのことですがね!

と、お嘆きのアナタ(つか、自分だよ)。

たとえばこちらでダウンロードさせてもらうのもいいかと。
トラの年賀状&壁紙
けっこうカッコイイ年賀状で、もちろん無料です。
「年賀状を送ることで広くトラについて知ってもらい、それが彼らを救うサポートに」というのが主旨のWWFジャパンの特設ページ内です。
http://www.trafficj.org/tiger2010/
特集サイト:絶滅の危機にあるトラを救う
|TRAFFIC EAST ASIA-JAPAN


友人から教えていただいたページでありますが(Thanks.PONさま)。

トラは森林に棲む生き物なので、昨今の温暖化による地球規模の乾燥による火事や森林壊滅に影響をモロに受けていると思います。密猟などもあり、その数は激減。この広い地球に
トラは現在4000頭ほど
(http://www.trafficj.org/tiger2010/support/ より)
って...。
想像を絶する少なさに、驚かされました。

せっかくの干支ですから、この年賀状でちょこっとトラについて皆で考えてみるきっかけになれば、気持ちの良い新年になるかもしれませんよ。



あ、ワタシは腐っても絵描き(らしい)ので自作予定ではいますが。
あああ、大丈夫なのか、ワタシ。まだ真っ白なハガキが目の前に。。
残すところ今年もあと1日...が、がんばります(^-^;)。

今年一年、本当にお世話になりました。
ブログはいろんな人にきさくに絵を見てもらえる大切な場所でもあります、来年もどうぞ懲りずにおつきあいくださいね。
ピックルも元気です、ちょっとあわただしいので、
また年明けにでもご挨拶させましょう。

ではでは、良いお年をお迎えくださいませ。
関連記事

| COMMENTS (2) |

TAG :野生動物考えようその他の動物日常
[Edit]  

  2009/04/15  CM (5)
 カテゴリ:[写真,動画]ハムスターほか
 [推察]ロボが複数一緒に飼えるのは
 
タイトル長いですけどね(^-^;)。
昨日(4/13)の記事の最後に書いた「ロボが複数で飼えるのはどうしてかねぇ?」っていうことについて。

ま、その前に
まず先日の友人宅のロボS&Rのおふたりの動画でも。
(出し惜しみ(^-^;))
090406_roboStaku_02画像クリックで動画OPEN
短気なので
なにかと小競合い。
すぐロボ張り手(笑)で
叩き合います。

短気な分、すぐ終わってしまうんで大喧嘩にはならない
ハムスター脳(^-^;)。
競り合いはしますが、相手に怪我をさせるまでのことはないそうで。
怪我させるほど嫌ではないという
「手加減」がこの生き物にはあるのかな。
++++++++++++++++++++

ロボロフスキーハムスターは、よく何匹かで同居して、シアワセそうに飼われてますね。
「ハムスター=単独飼育」という飼育本の基本が刷り込まれているワタシにはなんだか特殊に見えてました(^-^;)。
うーん。
なんでロボってそうなんだろうね?
とか、うだうだ考えてみた私見

続きは
複数での同居を推奨してるわけではないよ
ってことを前置きで。
資料を参照したりっていう 情報の"裏" はとってないので、ワタシの邪推の範囲で「そういう考え方もあるのねぇ」ぐらいのことで。

続き、タテに長いよおー(^-^;)。


"ブログ村"カテゴリにほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ

関連記事

| COMMENTS (5) |

TAG :ロボロフスキー野生動物写真考えよう
[Edit]  

  2008/04/27  CM (-)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 猫救い署名追記
 
先日署名について記事をアップしましたが、
情報についての信憑性などを確認していただくのと
ご自身の様々な判断の材料になるよう
追記として関連の記事へのリンクを載せておきます。

SOS!! 中国政府による猫虐殺に意見を!!
▲「島猫たちの叫び」HP内

元々の新聞記事(英語表記)は
The Daily Mail「Olympics clean-up Chinese style」
Olympics clean-up Chinese style:
Inside Beijings shocking death camp for cats
By SIMON PERRY - at 17:15pm on 12th March 2008
▲ 『The Daily Mail』内

他にもあるかと思いますが、このへんを代表しておきます。

また、ちょっと長い追記あります。(^-^;)

※すみません、こちらの記事もコメント無しになります。

関連記事

※今回はコメント欄無しです※
[Edit]  

  2008/04/19  CM (-)
 カテゴリ:イラスト描きの日常
 猫を救えるなら
 
ごぶさたしてしまってます(^-^;)。
イラストの仕事も丁度峠にさしかかり、峠の茶屋で一服しているところです。
今日はちとハムスタとかマンガから離れますが...。
*************
世間では中国、北京でのオリンピックによって、彼の国の様々なことがクローズアップされてますが、その中でこんな署名のサイトをみつけ、ワタシは署名してしました。
北京の猫大虐殺に反対署名をお願いします
オリンピックの開催に向けて、街のクリーンアップを大義名分に、沢山の猫の命が理不尽に奪われています。
世間やメディアで取り上げられることが少ないようで、なかなかこのニュースが浸透しないようです。
人間という生き物の愚かさをまとめて垣間みるようでもあり、知るのが辛い事実がありますが、お時間のある方はぜひ。

署名するしないはおまかせします。
憤りを感じて当たり前の行為なのですが、ただ一途にヒステリックになる前に考えないといけないこともあると思います。
以下、続きをクリックすると雑感の追記がありますが、長いです(^-^;)

※今回の記事についてはコメントを受け付けてません。
関連記事

※今回はコメント欄無しです※
[Edit]  


 にほんブログ村 ハムスターブログ ロボロフスキーハムスターへ にほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ

ENTRIES.+

★★全記事タイトル一覧★★
(別窓表示)

Who?

【 Mika 】


ヒト科、時々イカな絵描き。 モットーは「高いクオリティと低い腰」。 イカになったワケはここ

CATEGORIES.
ARCHIVES.

検索フォーム